大手不動産賃貸サイトは情報量が多いので、効率良く物件を探すことができます。

ネットで不動産情報 | 大手サイトの情報・質・使いやすさを比較

MENU

インターネットで不動産情報を調べる方法

 

キーボードを打つ手

 

インターネットが普及した現代においては不動産に関する情報もネット環境さえあれば簡単に取得することが出来ます。
そのため、最近ではいきなり不動産屋を訪れるのではなく事前にインターネットによる情報収集を行ってから不動産屋を訪れる人が増えてきています。

 

インターネットを使って不動産に関する情報収集を行う場合、まずはさまざまな物件情報を掲載している「物件情報サイト」を閲覧します。
物件情報サイトには膨大な量の物件情報不動産に関する情報が掲載されており、さらにその物件の掲載元である不動産屋の情報も閲覧する事が出来ます。

 

そのため、物件情報サイトを利用する事によって気になった物件や不動産の情報があればその場ですぐに問い合わせたり、不動産屋へのアポイントメントを入れる事が出来るというわけです。

 

物件情報サイトでは地域やエリアに絞って物件を探すことが出来るだけでなく、「家賃」や「間取り」、「築年数」といった細かい条件に絞って検索をかける事も出来ます。
つまり、インターネットから自分の希望条件に絞って物件を検索する事で余計な時間を使う事なく理想の物件にたどり着く事が出来るのです。

 

ただし、物件情報サイトに掲載されている物件情報の中には既に入居者が決まっていたり、既に掲載期間が終了しているものも少なからず存在しているので注意が必要です。

 

ネットで不動産を探す時の注意点

 

 

ネットで不動産情報を調べる際の手順

 

ネット上で不動産に関連する情報を調べる場合、一定の手順を踏む必要があります。

 

まずは物件情報を数多く掲載している物件情報サイトを訪れ、サイト内のシステムに従って物件情報を検索していきます。
最初は住みたい地域やエリアを指定し、次にあらかじめ定めておいた予算の範囲内で家賃を指定します。

 

様々な条件で検索可能!

最近の物件情報サイトでは「学生向け物件」や「新婚・カップル向け物件」、「新築物件」といった特定の条件に絞って物件情報を絞ることも可能なので非常に便利です。
また、家賃だけでなく管理費や共益費が込みかどうかで絞ったり、礼金や敷金、保証金なしの条件で絞ったりする事も出来ます。

 

それ以外にも物件情報サイト内では希望の間取りを指定して絞ったり、建物の種類に絞って検索を掛ける事も可能となっています。

 

OKサインを出す女性

また、その物件の「築年数」を年単位で絞って物件を検索したり、こだわりの条件として「駐車場あり」や「バス・トイレ別」、「ペット相談」、「2階以上住戸」、「オートロック」といった細かい条件に絞って物件情報を調べる事も出来ます。

 

サイト内で条件を指定して検索をかけると希望条件に該当する物件のみが表示されます。そこから自分が気になった物件情報をチェックして、掲載元の不動産屋に問い合わせたりアポイントメントを取り付けていくというのが基本的な流れになります。

 

 

物件情報は大手サイトで探そう

 

プレゼンをするビジネスマン

 

新生活を始める為には新居を準備しなければなりませんが、自分の希望する条件を満たした賃貸物件を効率良く探したいのであれば「大手の物件情報サイト」を利用するのがオススメです。
物件情報を掲載しているサイトは数多くありますが、大手サイトの場合は他サイトよりも膨大な量の情報を掲載している為、選択肢の幅が広がるというメリットがあります。

 

また、大手サイトの場合は地域密着型の不動産から依頼を受けた物件情報を掲載している事も多く、通常よりもお得で条件の良い物件に巡り合える可能性が高いと言えます。

 

もちろん中小規模の物件情報サイトでも多くの情報が掲載されていますが、ほとんどの際とでは大手と同じ物件の情報を掲載している事が多い為、最初から情報量の多い大手サイトを利用した方が効率良く物件探しを行う事が出来ます。

 

また、経営者の方は不動産に関わることがしばしばあるかと思います。
その中でお金のやりくりが発生し、資金に悩んだ経験がある方もいるのではないでしょうか?

 

資金調達方法は様々な方法がありますが、近年密かに注目を集めているのがファクタリングです。
銀行からの融資では何かとうまくいかないこともありますが、ファクタリングなら即日融資が可能などのメリットがあります。
ファクタリングについて詳しく見てみましょう。

https://www.carinavi.org/