気になる物件を見つけたら、まず不動産屋に問い合わせて空き情報を確認しましょう。

ネットで不動産を探す時のポイントや注意点

MENU

インターネットで不動産を見つけよう

考える女性

 

新生活を始める為に賃貸物件を探している人の多くは新天地にある地域密着型の不動産屋に仲介を依頼して物件を探すというのが一般的となっています。

 

しかし、遠隔地からの転居を考えている人にとっては移住先に何度も通って不動産屋とやり取りを行うというのは非常に負担が大きく、手間が掛かってしまいます。

 

そこで最近は遠隔地からでも転居先の物件を簡単に調べる事が出来るインターネットを活用する人が増えてきています。
インターネット上には不動産に関する情報を掲載したサイトが数多く存在しており、大手の不動産屋が運営するサイトであれば閲覧できる情報量も膨大な内容となります。

 

インターネットで物件情報を検索する際にはサイトを訪問して「家賃」や「地域・エリア」などを絞りつつ、自分が希望する条件にチェックを入れながら物件を絞っていきます。

 

その後、検索ボタンを押すと自分が希望した条件を満たした物件のみが表示され、さらにその物件を取り扱う不動産屋の情報も閲覧できるのでそこから問い合わせやアポイントメントを取り付けて賃貸契約を目指していく流れになります。

 

 

ネットで不動産を探す際の注意点

 

インターネットを使って目的の賃貸物件を探す人が増えてきていますが、ネットで不動産を探す際には幾つかの注意点について把握しておく必要があります。

 

インターネットで不動産を探す際の注意点としては、まず第一に「物件情報サイト内に掲載されている不動産の中には囮物件が存在する可能性がある」という点に着目する必要があります。

 

囮物件とは集客を目的に掲載されている物件の事で、その多くは実際に存在していなかったり既に居住者が居るケースが大半を占めています。

 

また、ネットで不動産を探す際には「既に契約済みの物件が数多く掲載されている可能性」を念頭に置いておく必要があります。
物件情報サイトでは既に契約済みの物件でもそのまま掲載されている場合が多い為、気になる物件を見つけたら何よりまず不動産屋に問い合わせて空き情報を確認する事が大切です。