事前にインターネットなどで、不動産屋の評価や評判を確認しておくと安心です。

直接店舗に行って不動産を探す時の心得

MENU

不動産屋を訪れる前にやるべき事

 

NGサインを出す女性

多くの人は新しい物件に引っ越そうと考えたとき、まず最初に不動産屋の店舗を直接訪れるという選択をします。

 

しかし、何の下準備や情報収集を行うことなくいきなり不動産屋を訪れるのはナンセンスです。

 

不動産屋を訪れる前にやっておくべき事は幾つかありますが、まずは住みたい地域やエリアを限定しておき、さらに家賃や初期費用に掛けられる予算の範囲を定めておく事が大切です。

 

 

不動産屋を訪れた場合、まず最初に聞かれるのが住みたい地域・エリアや家賃・初期費用などに関する事項です。
そのため、不動産屋を訪れた際のやり取りや物件選びをスムーズに行う為にも事前に自分の希望条件や出せる予算の範囲を整理し、まとめておくことが大切です。

 

また、信頼できる不動産屋を選ぶ為にも事前にインターネットなどで口コミや体験談などをチェックし、気になる不動産屋の評価や評判を確認しておくと安心です。

 

 

実際に不動産屋を訪れた際の心構え

 

物件を探す為に不動産屋を訪れる際に身に付けておくべき心構えには幾つかありますが、もっとも大切な事は「がめつく値切らない」という点が挙げられます。

 

直接店舗を訪れて不動産屋に賃貸物件の仲介を依頼するのであれば、担当者の心象を良くしておくに越した事はありません。
不動産屋側がもっとも嫌い顧客は家賃や初期費用を「しつこく値切るタイプ」です。

 

不動産屋というのは物件を所有するオーナーに依頼されて顧客に物件を紹介し、契約の仲介を行っているわけですからオーナーと顧客の「板ばさみ」になる事が最大のストレスとなります。そのため、あまりにもがめつく値切るような顧客に対しては条件の良い物件を紹介したくなくなってしまうのは当然です。

 

そのため、不動産屋を訪れる際には価格交渉は最低限の範囲内に留める事を心に決め、担当者の心象を良くする事を意識しながら臨むのがオススメです。